skip to main content
News

News

December 15, 2017
GEジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEOに浅井 英里子が就任

GEジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:熊谷 昭彦)は、本日、役員人事として、2017年12月31日付けで代表取締役兼CEO熊谷 昭彦が34年間務めたGEを退職し、その後任として2018年1月1日付けで浅井 英里子(あさい えりこ)が就任することを発表しました。   熊谷は1984年にGEに入社し、GEプラスチックスで新たな日本市場の開拓を担当し、この実績が評価され、GEプラスチックス・アメリカ北東地域担当ゼネラル・マネージャーに就任。その後、日本に帰国し、日本そしてアジア・パシフィック地域の様々なGEビジネスのCEO、すなわちGEプラスチックス、GE東芝シリコーン、GEコンシューマー・ファイナンス、そしてGEヘルスケア、を歴任し、そして2006年にGEのコーポレートオフィサー(本社役員)に任命されました。そして2013年からは、これまでの豊富な知識や経験を活かしGEジャパンの代表取締役社長兼CEOを務めてまいりました。   Read More

December 5, 2017
GEのHAガスタービン、業界初の発電効率64%に

【ニューヨーク州スケネクタディ 2017年12月4日】GEパワー(NYSE: GE)は、コンバインドサイクル発電時に発電効率64%以上を実現する、高出力で高効率なHAガスタービンを発表しました。これは現時点でGEだけが提供できる技術となります。わずか18ヶ月前に世界最高となる62.22%を記録したHAガスタービンのこの発電効率の記録更新は、GEの積層造形技術と燃焼技術に対する絶え間ないイノベーションの成果です。GEガスパワーシステム、社長兼CEO ジョー・マストランジェロは次のように述べています。「HAはGEの最も先進的なガスタービンであり、その進化に向け私たちは決して歩みを止めることはありません。」「私たちは、ここに64%という発電効率を実現し、最も高効率の優れたガスタービンを業界で初めてお客様にご提供できることを誇りに思っています。」 Read More

December 1, 2017
GEヘルスケア、エッジからクラウドまでデジタル画像処理の高速化のためにインテルと提携

*本報道資料は、2017年11月26日(現地時間)に米国にて配信されたプレスリリースの和訳版です。   シカゴ – 2017年11月26日 – GEヘルスケアは本日、インテル社との提携を拡大し、エッジおよびクラウドを通じて展開されるデジタル画像処理ソリューションを活用することで、患者ケアの強化および病院や医療システムのコスト削減を目指すと発表しました。この提携を通じて提供されることになるソリューションにより、両社は、より迅速な画像処理による資産パフォーマンスの向上および患者リスクや被曝量の減少、さらに診断や治療時間の短縮が実現することで、病院の効率が大きく向上することを期待しています。   Read More

December 1, 2017
GEとNVIDIAの協力により、ヘルスケア分野における人工知能の導入を加速

*本報道資料は、2017年11月26日(現地時間)に米国にて配信されたプレスリリースの和訳版です。また、和訳版は、NVIDIA社よりもニュース配信サービスを通じて配信されています。   シカゴ - 2017年11月26日 - GEヘルスケアとNVIDIAは本日、全世界で50万台にのぼるGEヘルスケアの画像診断装置に最も高度な人工知能(AI)を導入し、ヘルスケアデータの処理速度を加速させることを目的として、10年間のパートナーシップを締結することを発表しました。   パートナーシップの範囲は、本日、北米放射線学会(RSNA)の第103回年次総会において詳しく説明されました。その内容には、NVIDIAを活用した新しいRevolution Frontier CTの発表、超音波診断装置Vivid E95 4Dの改良、GEヘルスケアのApplied Intelligence分析プラットフォームの開発等が含まれます。   Read More

November 9, 2017
GEヘルスケア・ジャパン、一台で肝硬度測定と超音波検査の「ワンストップ」を提供する新製品 「LOGIQ S8 FS」を発売

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、肝硬度の測定機能であるFibroScanモジュールと超音波診断装置が一体型となり、検査の「ワンストップ」を提供する日本開発の超音波診断装置 「LOGIQ S8 FS」(ロジック エスエイト エフエス)を11月9日(木)より販売開始します。   Read More

October 29, 2017
米ニューヨーク州電力公社(NYPA)とGE、世界初のデジタル・ユーティリティ創設に向け協業

【サンフランシスコ・2017年10月25日】 GEは、世界初のデジタル・ユーティリティを目指すニューヨーク州電力公社(以下「NYPA」)に、幅広いソフトウェアとプロフェッショナルサービスを提供することに合意しました。NYPAは16カ所の発電施設や1,400マイルにおよぶ送電線ネットワークから州全域をモニターする1,000カ所以上の公共ビルまで様々な状況におけるオペレーションのデジタル化にGEと取り組みます。NYPAの目的はデジタルソリューションを活用し、発電から需要家まで電力バリューネットワーク全体を最適化することにより、信頼性が高く、手頃な価格でしかも環境負荷を抑えた電力を実現することです。 Read More

October 29, 2017
エクセロンとGE、システム性能と信頼性をさらに強化

【サンフランシスコ-2017年10月25日】 GE(NYSE:GE)とExelon(NYSE:EXC)は、エクセロンの6つの電力会社にGEのPredix(プレディックス)ソフトウェア・ソリューションを導入する複数年契約を発表しました。これにより、同社は電力を供給する1,000万人以上のお客様にさらなる信頼性の高い、効率的なサービスをおこないます。エクセロンの6つの電力会社は、Predixの高度なアナリティクス機能を使用して、送配電システムの強化を目指します。 Exelon UtilitiesのCFO(最高財務責任者)、Carim Khouzami氏はエクセロンが長年にわたって取り組んでいるデータの活用方法を改善し、運用および顧客対応力を向上させるプロジェクトの第一人者として、次のように述べています。「毎日、私たちはコミュニティに優れたサービスとレジリエンスを提供し、より高性能な電力系統を構築するために取り組んでいます。GEのデジタルソリューションを活用することで、利用しやすい電力価格と効率の向上を両立することができます。」 Read More

October 26, 2017
GE、デジタル・インダストリアル・エボリューション・インデックスを発表

【サンフランシスコ-2017年10月25日】 現在開催されているカンファレンス、「Minds+Machines」において、GEは新たな調査結果を発表しました。この調査ではデジタル・トランスフォーメーションに対する企業幹部の期待と企業の実際の取り組みにはギャップが生じていることが明らかになりました。ITとオペレーション業務に携わる意思決定層へのこの調査によれば、産業向けIoT(IIoT)には将来の成長と競争力確保に向け、大いなる機会があるとしながらも、多くの企業はこの機会からメリットを得るための行動は起こしていませんでした。GEデジタルのCEO、ビル・ルーは次のように述べています。「顧客において、そしてGEにおいてもそのメリットが現実のものと確認できていることから、私たちはインダストリアル・インターネットがあらゆる規模のインダストリアル・カンパニーにすでに大きな影響を与えていることを学んでいます。」「同時に、IIoTへの期待と行動の間には乖離が生じています。GEはそのギャップを埋めるため、顧客と提携して変化を加速し、あらゆる規模の企業をデジタル化ヘの道に導くことに、取り組んでいます。」 Read More

October 26, 2017
GEデジタル、インダストリアル・ソフトウェア・ソリューションを発表

サンフランシスコ-2017年10月24日:GEは、カスタマーが完全なアセット戦略を構築するためにデザインした当社のスイート製品を、エッジtoクラウドの技術とインダストリアル・アプリケーションにおいて拡張させることを発表しました。これらの追加は、インダストリアル・インターネットのアプリケーション開発プラットフォームであるPredix(プレディックス)を通じて産業における生産性向上に寄与するGEデジタルの主要なソフトウェア・アプリケーションのポートフォリオを補完し、Predixの導入メリットを高めます。アセットである産業機器を最大限活用し、より多くの成果を導き出すインダストリアル分野の企業向けにGEデジタルは、エッジ側でのコンピューティング能力を加速させるPredix Edge、企業向けのクラウドであるマイクロソフト・Azureと連携したPredixプラットフォーム、さらに、アセットからオペレーションへと生産性向上の橋渡しをおこなうソフトウェア、オペレーション・パフォーマンス・マネジメント(OPM)、ユーザーエクスペリエンスを向上させるフィールド向けサービスマネジメント・ソリューション、そしてさらに産業向けアプリ開発をシンプルに実施するための新たなプラットフォームツールを発表しました。 Read More

October 18, 2017
AppleとGEの提携により、Predixの産業向けアプリがiPhoneとiPadで利用可能に

※本内容は米国時間10月18日(木)に発表されたリリースの抄訳です。   カリフォルニア州クパティーノおよびカリフォルニア州サンラモン――Apple®とGEは本日、GEの産業界向けIoT(Internet of Things)プラットフォーム「Predix(プレディックス)」を通じて予測データの取得と分析を行なうよう設計されたパワフルな産業用アプリケーションを、iPhone®およびiPad®に提供することを発表しました。両社は新たにiOSのためのPredixソフトウェア開発キット(SDK)も発表し、デベロッパはこのツールを利用して独自のパワフルな産業用IoTアプリケーションを開発できるようになります。  「GEは、航空機、製造、ヘルスケア、エネルギーといった領域の産業分野で数々のイノベーションを起こしてきた歴史を持つ理想的なパートナーです。AppleとGEは共同で、GEのPredixプラットフォームと、iPhoneおよびiPadのパワーと使いやすさを組み合わせることにより、産業界の在り方を根底から変革していくことを目指します」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。  Read More

October 18, 2017
GE、スエズへの水処理事業のGEウォーター&プロセス・テクノロジーの売却を完了

※2017年10月2日に配信されたプレスリリースの抄訳です。  【2017年10月2日】GEは2017年9月30日にスエズへのGEウォーター&プロセス・テクノロジー(水処理事業)の売却を完了したと発表しました。売却額は34億ドルとなります。  GEパワーのラッセル・ストークス社長兼CEOは次のように述べています。「GEウォーター&プロセス・テクノロジーの売却は、GEパワーの事業戦略とポートフォリオ変革における、さらなるステップアップです。よりシンプルでフォーカスしたビジネスを構築することで、電力価値ネットワーク全体でGEパワーの強みを活用し、顧客にサービスを提供し、ビジネスを成長させることができるでしょう。」と述べました。  GEは、2016年10月末に、ウォーター&プロセス・テクノロジーを売却する計画を発表しました。これは、ベーカー・ヒューズの製品ラインと一部重複があったためです。ベーカー・ヒューズとGEの統合は、2017年7月3日に正式に完了が発表されました。  Read More

October 2, 2017
GE’s 7HA Gas Turbine Units Achieve Commercial Operation at Nishi-Nagoya Power Plant Block-1

NAGOYA, JAPAN – October 2, 2017—GE Power (NYSE:GE) announced today that commercial operation has been achieved for Chubu Electric Power Co., Inc.’s Nishi-Nagoya power plant Block-1 in Japan (Nishi-Nagoya) with GE’s gas turbines through Toshiba, the engineering, procurement and construction (EPC) company for the plant. Read More

October 1, 2017
GE、7HAガスタービンが中部電力 西名古屋火力発電所7-1号にて運転開始

GEパワー(以下GE)は、設計・調達・建設(EPC)を所管した株式会社東芝経由で7HAガスタービンを納入した中部電力株式会社の西名古屋火力発電所7-1号の商業運転が開始されたことをお知らせします。GEの最高効率のガスタービン7HAと東芝製蒸気タービンを活用し、運転を開始した西名古屋火力発電所7-1号は、世界最高水準となる発電効率62%以上を実現し、1,188.2MWを発電します。この出力は、GE試算では、日本において約40万世帯に電力を供給する事が可能となります。  商業運転の開始という大きな節目は、中部電力、東芝そしてGEにおける、高効率の火力発電設備の実現に向けた数年におよぶ緊密な協業の成果です。中部電力は、約40年間稼働してきた既設の発電所をリフレッシュすることで、国や行政が求める、よりクリーンで高効率な発電手法を追求しました。この結果、中部電力は、高効率で運用面の柔軟性に優れた大型ガスタービンを選定し、LNGを燃料とし、低NOxの多軸型(3on1)コンバインドサイクル発電を導入することとなりました。  Read More

September 19, 2017
GE ヘルスケア・ジャパン、 デジタル事業のチーフ・コマーシャル・オフィサーを任命

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、2017年9月16日付で三井俊男(みい としお)(元IBM ワトソン・ヘルス パートナーシップ担当ディレクター)が、新たにGE ヘルスケア・デジタル事業本部 チーフ・コマーシャル・オフィサー アジア(Vice President - Chief Commercial Officer Asia)に就任したことをお知らせいたします。   三井はIBM社において、ボストン・ケンブリッジを拠点とするワトソン・ヘルス パートナーシップ担当ディレクターとして、主要なIT系企業や医療団体との戦略的パートナーシップの締結・展開を指揮し、同社の成功に貢献しました。また、エンジニアリング、経営企画、ならびに技術提携など同社の各部門で様々な役職を歴任しました。   Read More

August 28, 2017
GE’s Total Plant Solutions Help Increase Output, Improve Operational Flexibility at Chiba Power Plant in Japan

TOKYO—August 28, 2017—As the Japanese electricity segment booms with liberalization dynamics and ongoing deregulation, but faces a decline in power demand, a stable power supply is the number one priority for energy players in the country. Read More