skip to main content
History

History

Time period:

1878-1904

インスピレーションを産業へ

世界初の実用的な白熱電球の誕生から米国初の中央発電所の建設まで、GEの伝統ともいえる“生活を一変させるイノベーション”を進めました。電力と照明によって現代生活の基盤を提供したGEは、1日の活動時間を延ばすことから、世界初のラジオ放送の実現やX線撮影装置の開発による人体の把握に至るまで、あらゆることを急速に変革していきます。1896年には、GEはブリスベン・トラムウェイ・カンパニー社にモーターと車両設備を納入。これはオーストラリアにおける当社初の大型プロジェクトとなりました。その後すぐ1902年には、シドニーのダーリング・ハーバーにピアモント橋を開通する際、600ボルトの電動モーターを設置。この装置は今もなお使用されています。

  • 1892
  • 1900
Japanese