skip to main content
Healthymagination

Healthymagination

healthymagination(ヘルシーマジネーション)

ヘルシーマジネーション(healthymagination)は、2015年までにヘルスケア分野のイノベーションに60億ドルを投資し、「より身近で質の高い医療をより多くの人々に」提供することを目指すGEのイニシアチブです。

GEでは現在5つのコミットメントを掲げ、15%の医療コストの削減、15%の医療アクセスの拡大、そして15%の医療の質の向上に向けて多彩な取り組みを展開しています。

GEのヘルシーマジネーションへのコミットメント

  1. 予防的医療 早期発見 早期治療体制の確立
  2. より多様な医療製品やサービスを幅広い価格帯にて届ける体制の確立
  3. インフォメーションテクノロジー=ITの活用
  4. パフォーマンスソリューション 医療の標準化や平均化を進めること
  5. ホームヘルス/パーソナルヘルス=自宅でちゃんとした医療サービスを受けられる体制の構築

 

日本の高齢社会とヘルシーマジネーション

世界に先駆けて少子高齢化が急速に進む日本では、この変化に対応する医療や介護の環境を早急に整備する必要が出てきています。国家予算に対する医療の比重が増え続ける中、医療はむしろ成長産業の一つとして今後の日本の経済発展の源泉になるとGEでは考えています。日本政府も新成長戦略の中核の一つとして、医療・介護を柱とした新たな産業育成を打ち出しており、医療産業は今後国内外のビジネスに様々な機会をもたらす大きな可能性があるといえるでしょう。

高齢化の波は他国にも押し寄せています。世界最長の平均寿命、低い乳幼児死亡率、医療へのフリーアクセスを実現するなど、日本の医療制度は世界的にも優れたシステムの一つと考えられています。急速な高齢化がもたらす課題解決に向けた新しい枠組みや先進システムを打ち立てていくことで、日本から他国に対し成功モデルを示していくことができるのです。

GEは政府関係者、医療関係者、民間企業、患者グループ、研究機関関係者などの皆様との関係をより強固にし、日本の高齢社会における革新的な医療システムの構築に貢献することを強く願っています。特に要介護の原因となる疾患(脳卒中や骨粗しょう症、認知症など)の早期発見・早期治療を実現するソリューションの提供や、ITを活用して個人の医療・健康情報をもとに個人が健康になる仕組み(e-Health)作りを推進していきます。

「From Silver to Gold:日本における高齢化社会とその可能性」白書(日本語版)
「From Silver to Gold:日本における高齢化社会とその可能性」白書(英語版)


 

GEのe-Health宣言

少子高齢化社会の到来、慢性疾患の蔓延、相対的な医師不足、医療環境の格差など日本はあらゆる医療と健康の課題に直面しています。これらの課題を解決するためにGEはe-Healthを推進していきます。

 

社員がヘルシーマジネーションの代弁者

ヘルシーマジネーションを積極的に推進していく力は、まず社員の心の中にあります。社員一人ひとりが健康に対する意識を高めるように社内プログラム「ヘルスアヘッド(HealthAhead)」をグローバルで展開しています。日々の食生活や運動、ストレス管理や禁煙そして定期健診による疾病の早期発見など、ヘルシーマジネーションを提唱する会社の社員として考え行動していける環境を促進しています。その輪が家族や地域にも広がり定着していくよう、長く広く活動を広げていきます。

一方、社員が自発的に参加しているボランティア活動においても、これまで推進してきた乳がんの早期発見促進のための啓発活動などに加え、高齢社会における医療や介護など今後もヘルシーマジネーションに沿った活動内容をより充実していきたいと考えています。社員が自らの行動でこのイニシアチブの推進に関わりを持つことで、家族や地域の皆さんと一緒にヘルシーマジネーションを一つのムーブメントとして育てていきたいと願っています。

Japanese